ボートレース|

今回は、テレボートについて詳しく解説していきたいと思います。

競艇をある程度やっている人ならもちろんわかると思いますが、競艇を最近始めた初心者の人は分からないと思います。

そこでこの記事では、テレボートがどういうものなのか、どうやって使えばいいのかを解説していきます。

 

テレボートとは

ボートレース|

ネット銀行の口座や専門の銀行口座があれば、ボートレース場や、ボートレースチケットショップに行かなくても電話、もしくはインターネットから舟券を購入できるサービスのことです。

テレボートを利用するには会員登録が必要になります。

用は家にいても舟券をネットで買えるサービスですね。

今のご時世、むやみに外に出られないのでこういったサービスがあると家でも気軽に競艇を楽しむことが出来ます。

 

テレボートへの登録

ボートレース|

こちらのリンクから飛んでいただき、登録が出来ます。

テレボート|

指定の銀行口座を選び、登録していきます。

※口座を持っていない場合は、先に口座を作る必要があります。

もしどの口座にするか迷っている場合、ネット銀行であり、手数料も安い「楽天銀行」がおすすめですね。

 

ボートレース利用規約|

口座を指定したら利用規約の確認があるので、確認したら同意するをクリック。

|

指定した口座の口座番号や個人情報を入力したら入力内容の確認を行い、送信します。

口座の確認が行われ、確認が取れると登録が完了になります。

|

登録が完了するとトップページ右上の「投票」から舟券を買うことが出来ます。

 

インターネット即時投票会員と電話投票会員の違い

インターネット即時投票会員と電話投票会員の違いは、読んで字のごとく「ネットで投票するか」「電話で投票するか」の違いです。

さらにインターネット即時会員は指定口座を登録できるが、電話投票会員は専用口座を作る必要が出てきます。

専用口座を作るのに約1~3ヶ月ほどかかるので理由がない限りはインターネット即時会員をおすすめします。

登録にかかる時間
インターネット即時投票会員:即時
電話投票会員:1~3ヶ月

入金について
インターネット即時投票会員:ネット銀行の場合即時、その他銀行は前日
電話投票会員:前日

出金について
インターネット即時投票会員:ネット銀行の場合即時、その他銀行は翌日
電話投票会員:翌日営業日以降

メリット
インターネット即時投票会員:登録、入金、出金が早く使いやすい
電話投票会員:専用口座のため競艇にどれだけ使ったかが明確


正直、電話投票会員よりインターネット即時投票会員の方が圧倒的におすすめです。

全てにおいて即時に反映され、万が一入金を忘れてたなんてことにも対応できるので、インターネット即時投票で登録してみてください。

競艇で稼ぐための優良予想サイトもまとめているので参考にしてみてください。

稼げる優良サイトをチェック ▷

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のおすすめ競艇予想サイト

圧倒的な的中率で、デイ・ナイター共に安定した予想を提供してくれる新サイト!
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用しており、毎月かなりの利益を望めるのでオススメ!!

12月の収支ランキング

1位 Boat Chronicle(ボートクロニクル)1,082,500円
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

2位 LEADER SHIP(リーダーシップ)828,800円
LEADER SHIP(リーダーシップ)

3位 競艇ジャブジャブ507,790円
競艇ジャブジャブ

2021年12月の収支結果

収支合計:+2,419,090円

2021年収支結果

12月:2,419,090円
11月:2,395,170円
10月:5,412,910円
9月:3,176,220円
8月:3,824,220円
7月:3,496,120円
6月:5,922,620円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円

ボートレース

ボートレース

ボートレース

競艇道場

リンク

ボートレース

ボートレース
ページ上部へ戻る