競艇選手のランクと支部|

競艇Fineでは、実際に稼げた優良サイトを紹介しています。
競艇で稼ぎたい方は、ぜひチェックしてください!

⇓稼げたサイトはここ⇓

優良サイト一覧

 

競艇選手のランクと支部とは?

競艇は、各選手ごとに所属する支部があり、特定の地域を中心に競技に挑んでいます。

また、競艇選手は4つのランクに分かれており、
これが、予想をする時の大事な判断材料になります。

そこで今回は、競艇選手のランクと支部について、書いていこうと思います。

競艇選手のランク

競艇選手は、A1級A2級B1級B2級の4つのランクに、分けられます。

B2級以外は最低条件、席には定数が決まっています。
基本的には、成績上位から順番に上のランクに分けられます。

級別 定率 2連対率・3連対率・勝率 事故率 最低出走回数
A1級 20% 2連対率30%以上、3連対率40%以上の勝率上位の者 0.70以下 90回以上
A2級 20% 2連対率30%以上、3連対率40%以上でA1級を除く勝率上位の者 0.70以下 70回以上
B1級 50% 勝率2.00以上でA1級及びA2級を除く勝率上位の者 0.70以下 50回以上
B2級 A1級、A2級及びB1級以外の物

約1,600人いる競艇レーサーのうち、A1級は全体の20%、
A1級のボーダーラインは勝率6.20前後になります。

級別は、勝率を元に毎年1月、7月の半年に1度更新されます。

事故率について

事故点
優勝戦でのFL -30点
優勝戦以外でのFL -20点
妨害失格 -15点
レーサー責任の失格・欠場 -10点
レーサー責任外の失格・欠場 -0点
不良航走・待機行動違反 -2点

フライング(F)と、選手責任の出遅れ(L)が20点、妨害失格が15点、転覆・落水・沈没・不完走・欠場などの選手責任の失格が10点、不良航法・待機行動違反が2点として事故点の合計を出し、出走回数で割ったものが、事故率として出されます。

事故率が少ない方が良いですし、級別審査期間に、事故率が0.07を超えると、
B2級へと降格になります。

さらに場合によっては、スタート訓練の再受講出場停止引退勧告など、
厳しい処分が下されることもあります。

支部について

競艇は関東関西東海近畿四国中国九州の7つの地区があり、
その中で、競艇場ごとに支部があります。

どこの支部に行くかは、基本的に競艇選手の任意で所属できます。

競艇選手は、連対率などでランク分けをするので、
相手のレベルによって、優劣は変わってきます。

全体的に、東京・大阪・愛知・福岡などの大都市の支部が、
ビッグレースで、成績が良い傾向があります。

地域や支部によって、成績の良し悪しはありますが、
重賞レースの大半がA1級選手なため、この地域のA1級選手が弱い、という明確な差は見られません。

以上のことから、選手がどの支部に所属しているかは、予想ではあまり重要な要素ではありません。

まとめ

以上が、競艇のランクと支部についての説明になります。

予想をする上で、選手のランクは1つのポイントになるということが、
分かりましたね。

支部については、あまり予想する時に重要視することはないと思いますが、
以前書いたナイターレースの時は、少し参考にしてもいいかもしれません。

⇓ナイターレースの記事⇓

ナイターレースについて

競艇Fineでは、実際に稼げた優良サイトを紹介しています。
競艇で稼ぎたい方は、ぜひチェックしてください!

⇓稼げたサイトはここ⇓

優良サイト一覧

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のおすすめ競艇予想サイト

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用していて、毎月100万円以上稼げているのでオススメ!!

6月の収支ランキング

1位 競艇神風1,010,970円
競艇神風

2位 BOAT PIRATES(ボートパイレーツ)935,630円
BOAT PIRATES(ボートパイレーツ)

3位 競艇サラリーマン899,100円
競艇サラリーマン

2021年6月の収支結果

18戦8勝10敗 勝率44%
収支合計:+4,169,310円

2021年収支結果

6月:4,169,310円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円
3月:13,663,440円
2月:12,913,180円

ページ上部へ戻る