福岡競艇場|

ボートレース福岡とは

九州を代表する繁華街・天神から歩いて約10分のところ、福岡県福岡市中央区那の津1丁目にある競艇場です。ボートレース平和島と並ぶ「都市型競艇場」で、1953年9月26日に開場しました。
2010年度以降は名前を「ボートレース福岡」に変更していますが、条例上では現在も「福岡競艇場」を正式名称としています。
マスコットキャラクターは「ペラ坊」と「ペラ美」で、どちらも一般公募によって命名されました。

水面特徴

那珂川河口にあるボートレース福岡の水面は海ですが、その水質は海水寄りの汽水です。
満潮時は、博多湾からのうねりと河川の水流がぶつかり、1マークに複雑なうねりが生じます。

一般にうねりは潮の満ち引きに合わせ周期的に起こりますが、この競艇場で生じるうねりは突発的なものです。そのため対応が難しく、機力次第ではうねりに負けてボートが暴れる可能性があります。
更に、北風が強い日は博多湾からの波の影響も受けるため、対応がより困難になります。
また、遠目では選手達もうねりの有無を確認できないのが、厄介な点です。1マーク手前まで走って初めてうねりの有無を確認できるため、そこから瞬時に最善の手を判断し実行する必要があります。
以上のことから技量の高い選手に有利な水面といえます。

その一方で、引き潮時は一転して静水面になるという特徴もあります。
この場合は思い切って握れるようになるため、スピード戦を得意とする選手が有利です。

また、波や風の影響を受けやすいことにも注意が必要です。
例えば、博多湾から5m以上の高波がくると水面が大きく荒れ、波に慣れていない選手では操縦に苦戦することが予想されます。
風についても、風速5m以上の日は追い風か向かい風かにより、各コースの有利・不利が大きく変化します。
追い風ならばインコースが加速しやすくなり、アウトコースのターンが流れやすくなります。一方、向かい風ならばインコースが加速しにくくなり、アウトコースの小回りの利いたターンが決まりやすくなります。

このように、ボートレース福岡の水面は潮・波・風により複雑に変化するため、全国屈指の難水面として有名です。

主要レース

周年記念競走(GⅠ)「福岡チャンピオンカップ」、企業杯競走(GⅢ)「福岡ソフトバンクホークス杯」などが代表的なレースです。
また「新春開運特選レース」「どんたく特選レース」「山笠特選レース」などのボートレース福岡でしか見ることのできない一般戦も豊富にあります。

また、5日間以上にわたり開催されるレースでは、最終日の第9レースで行われる「ペラ坊特賞」も、この競艇場ならではの見どころです。
準優勝戦に進めなかった選手のうち、得点上位者のみの選抜戦が行われます。

ちなみに、他の競艇場で毎年開催されている新鋭リーグ・女子リーグは、ボートレース福岡では不定期開催となっています。

SG(スペシャルグレード)の有無

ボートレース福岡では、1955年に「第3回全日本選手権競走」が開催されて以来、数々のSGが行われています。
具体的には「総理大臣杯競走」「モーターボート記念競走」などが開催されており、SGの開催数は全国的に見ても多いです。

施設概要

ボートレース福岡は中央スタンド・東スタンドに分かれており、どちらも1~3Fの3フロア構成です。
各フロアに観覧席がありますが、3Fのみ有料指定席が設けられているので、間違えないように注意しましょう。

1Fは「インフォメーション」「スポーツ紙売店」「イベントホール」などがあります。レストランや売店も充実しているため、お昼や小腹が空いたときにも便利です。
ただし、このフロアにある一般席には高低差がないため、後方からは少し見えにくくなるかもしれない点に留意が必要です。

2Fは中央スタンド・東スタンド共に、無料の一般席がメインとなるフロアです。
席数が多く観戦スペースに段差があるため、座る席がなかったり、席の位置によって見えにくかったりすることはなさそうです。
また、このフロアもレストランや売店が充実しているので、小休止を入れたいときも困りません。

3Fは有料指定席が設けられているフロアです。
中央スタンドからは2マーク側、東スタンドからは1マーク側が見えやすくなっていますが、どこに座っても水面全体を見渡すことができます。
各席にテーブルがついていますが、卓上モニターは無く、全席がペアシートである点に留意する必要があります。
また、広めの休憩所もあるので、一息つきたいときはそちらでくつろぐといいでしょう。

アクセス方法

電車場合

  • 西鉄天神大牟田線「西鉄福岡(天神)駅」下車 徒歩約15分
  • 地下鉄空港線「天神駅」下車 徒歩約10分

場合

  • 九州自動車道「福岡IC」から福岡都市高速環状線「天神北ランプ」すぐ
  • 九州自動車道「太宰府IC」から福岡都市高速2号線経由 「天神北ランプ」すぐ
  • 二丈浜玉道路から西九州自動車道経由 福岡都市高速環状線「天神北ランプ」すぐ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のおすすめ競艇予想サイト

圧倒的な的中率で、デイ・ナイター共に安定した予想を提供してくれる新サイト!
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用しており、毎月かなりの利益を望めるのでオススメ!!

12月の収支ランキング

1位 Boat Chronicle(ボートクロニクル)1,082,500円
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

2位 LEADER SHIP(リーダーシップ)828,800円
LEADER SHIP(リーダーシップ)

3位 競艇ジャブジャブ507,790円
競艇ジャブジャブ

2021年12月の収支結果

収支合計:+2,419,090円

2021年収支結果

12月:2,419,090円
11月:2,395,170円
10月:5,412,910円
9月:3,176,220円
8月:3,824,220円
7月:3,496,120円
6月:5,922,620円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円

ボートレース

ボートレース

ボートレース

競艇道場

リンク

ボートレース

ボートレース
ページ上部へ戻る