尼崎競艇場|

ボートレース尼崎とは

兵庫県尼崎市にある競艇場で、もともと湿地帯だった場所を掘削し、競走水面となるプールを建設。1952年9月14日に開場しました。
最寄駅である尼崎センタープール前駅の「センタープール」とは、この競走水面のプールを指します。
マスコットキャラクターは、緑のアマガエルをモチーフにした「センプル」、ピンクのカエル「ピンクル」、青のカエル「ぶるたん」です。

立地条件が良いこともあり、開場してからしばらくは全国有数の売上高を記録し、「2号賞金場」に選ばれます。
しかし、他の競艇場が次々とナイターレースを行うようになったので、売上高の順位が変動。2008年度からは「1号賞金場」に分類されるようになりました。

水面特徴

ボートレース尼崎の水質は淡水です。
体重が軽い選手、モーターの強い機体が有利になります。

水面の最大の特徴は、2マーク、センターポール、1マークがほぼ一直線上に並んでいることです。
通常、1マークはスタンド側に振られています。
これは、“インが強い”とされるボートレースの特性を踏まえたうえでの調整であり、インの選手を斜めに走らせることでセンターやアウトの選手との有利・不利を緩和しています。
一方ボートレース尼崎は全国で唯一、1マークをスタンド側に振っていない競艇場です。
そのため、インの選手もセンターやアウトの選手同様に、直線で勝負することが可能です。

ですが、だからといって必ずしもインが勝つとは限りません。
夏場は「甲子園の浜風」、冬場は六甲山からの「六甲おろし」といった強風が吹くため、年間を通して向かい風の日が多い傾向にあります。
その結果、インは加速がうまく決まらない一方で、センターやアウトのまくり艇はサイドがかかってスムーズに旋回することができます。
元々水面のクセが少なく、「まくり」が決まりやすいこともあって、競艇ファンからは「センタープールだからセンターが強い」と言われるほど有利になります。
とはいえ、追い風や無風の日はインが圧倒的に有利です。
そのため舟券を購入する際は、その日の風の状況をしっかり確認することが大切です。

主要レース

ボートレース尼崎で開催される主要レースは、周年記念競走(GⅠ)の「尼崎センプルカップ」です。
マスコットキャラクター「センプル」にちなんだ、この競艇場を代表するレースの1つです。
また、企業杯競走「FM OSAKA杯」、新鋭リーグ戦「プリンスロード」、女子リーグ戦「クイーンロード」なども行われます。
その他に一般戦として、GWに開催される「六甲賞競走」やお盆に開催される「オール兵庫王座決定戦」なども人気があります。

SG(スペシャルグレード)の有無

1957年に「第3回全国地区対抗競走」を開催して以来、「グランドチャンピオン決定戦競走」や「笹川賞競走」など、様々なSGの開催会場に選ばれています

施設概要

ボートレース尼崎は、1~3F・5F・7Fの計5フロア構成です。
無料の一般席があるのは1F・3F、有料の指定席があるのは5F・7Fです。

メインフロアである1Fには、レースを間近で観戦できる屋外席が約2,400席あります。
また、7Fロイヤルシートへの入口があるので、利用される方はこちらから入場しましょう。
その他目立ったものは特になく、投票所や売店が設置されているくらいです。

2Fには、お昼時や小腹が空いたときにピッタリの大食堂「レストラン水明」があります。
カウンター席、グループ席がそれぞれ用意されているので、1人の方も仲間内で来場した方も気軽に食事をすることができます。
ただし、ここが会場内におけるメインの飲食スペースなので、日や時間によっては混雑が予想されます。こまめに様子をチェックして、空いていれば早めに食事を済ませることをオススメします。

3Fは屋内観覧席が設けられているフロアです。
1F屋外席と同様、こちらも席数は2,400弱あります。
屋外席に降りられる通路があるので、いつでも行き来することができます。
また、観戦スペースの一角にレディースシートが設けられているため、女性1人あるいは女性グループで来場する場合は足を運んでみてはいかがでしょうか。

5Fには有料観戦スペースが設けられています。
有料席にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。
シングルシートは席数が90弱しかありませんが、2人で座れるダブルシートは約2倍の席数が用意されています。
また、ペアベンチシートもダブルシート同様2人掛けの観戦席ですが、こちらは椅子が折りたたみ式ではなく、ベンチタイプです。
くつろぎながら観戦したい方にオススメですが、席数が12しかない点に注意する必要があります。
その他に6人掛けのテーブルが用意されたグループシート、車椅子の方も快適にレースを楽しめる車イスブースなどが設けられています。

7Fはロイヤルシートが用意されたラグジュアリー空間です。
ホテルのロビーのようなエントランスが広がっており、スタンド側に観覧席が設けられています。
また、ロイヤルシートを利用した場合は、飲み物や予想紙、駐車場などを無料で利用可能なサービスも付くため、よりお得かつ快適に楽しめます。

このように、会場内は観戦スペースが大半となります。
一見その他の施設が少ないように思えますが、それについては屋外に設けられています。
特に人気なのが、本場の北側にお店を構える売店「のぞみ」で、安くて美味しいと評判の名物「多幸焼」を販売しています。
その他にも、ゲン担ぎにピッタリな鳥居、選手たちのトークショーが開催される「大屋根下ステージ」など、注目スポットが盛りだくさんです。

アクセス方法

電車場合

  • 阪神電気鉄道本線「尼崎センタープール前駅」下車 徒歩約3分
  • JR東海道本線「立花駅」下車 無料送迎バス約10分
  • 阪急電鉄「塚口駅」下車 無料送迎バス約20分

※無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレース尼崎の公式ホームページをご覧ください。

場合

  • 名神高速道路「尼崎IC」または「西宮IC」から約20分

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のおすすめ競艇予想サイト

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用していて、毎月100万円以上稼げているのでオススメ!!

6月の収支ランキング

1位 競艇神風1,010,970円
競艇神風

2位 BOAT PIRATES(ボートパイレーツ)935,630円
BOAT PIRATES(ボートパイレーツ)

3位 競艇サラリーマン899,100円
競艇サラリーマン

2021年6月の収支結果

18戦8勝10敗 勝率44%
収支合計:+4,169,310円

2021年収支結果

6月:4,169,310円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円
3月:13,663,440円
2月:12,913,180円

ページ上部へ戻る