桑原悠|

桑原悠のプロフィール

桑原悠|

登録番号 4497
生年月日 1987/05/27
身長 166cm
体重 51kg
血液型 A型
支部 長崎
出身地 長崎県
登録期 102期
級別 A1級

 

桑原悠「乗り心地も良かった」

<若松ボート> 最終日 16日

1枠桑原悠(34=長崎)が逃げを決め、3月丸亀に続く今年2度目の優勝を飾りました。

レースはコンマ13と6番手スタートだったが、伸び返して先マイに成功。
握ってきた金子龍介を振り切った。
「優勝戦は乗り心地も良かった」と節間課題にしていた不安定な部分を克服した。

若松では18年9月G3企業杯から、19年8月一般、19年10月一般、20年6月一般に続く5節連続優出だったが、過去4節はいずれも4着。
ようやく壁を乗り越えて、当地初優勝を決めた。

「良かった。苦手ではなかったけど、今節はスタートが怖かった。」
次節からは児島SGグラチャン、丸亀G2ボートレース甲子園とビッグレースが続く。

「今年はG1か、(一般戦の)優勝6回はしたい。」
地元大村開催の来年3月SGクラシック出場権利取りへ、これからも攻めるレースを続ける。

 

若松競艇場(ボートレース若松)

若松競艇場|

福岡県北九州市若松区にある競艇場です。
1953年、国内初となるSG「第1回全日本選手権競走」を開催したことで知られており、このことから“競艇ダービー発祥の地”とも呼ばれています。
2004年からはナイターレース「パイナップルナイター」を開始し、2008年3月からは、蒲郡競艇場に次いで通年ナイター開催に変更されました。
また、2014年度は全国競艇場で最多となる売上800億円を記録するなど、輝かしい業績をあげています。

そんなボートレース若松は1952年11月11日、当時の若松市が主催となり開場したのが始まりです。その後若松市は、八幡市や門司市などと合併して新たに北九州市が生まれ、現在は北九州市が主催を務めています。

 

初心者でも競艇でお金を稼ぐ方法

的中結果|

初心者で何の知識もない人が予想をしてもまず稼げません・・・

ではどうすれば競艇で稼げるのか?

予想のプロに予想をしてもらうのが1番早いです。
競艇予想サイトを使うことで競艇のルールすら分からない状態でも稼ぐことが出来ます。

実際に私が競艇を始めたての頃は全く分からずとも、競艇予想サイト任せで稼いでいたので誰でも稼げる仕組みになってますね。

そんな私が稼いだ競艇予想サイトはこちらにまとめてあるので活用してください。

稼げる優良サイトをチェック ▷

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今月のおすすめ競艇予想サイト

圧倒的な的中率で、デイ・ナイター共に安定した予想を提供してくれる新サイト!
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用しており、毎月かなりの利益を望めるのでオススメ!!

12月の収支ランキング

1位 Boat Chronicle(ボートクロニクル)1,082,500円
Boat Chronicle(ボートクロニクル)

2位 LEADER SHIP(リーダーシップ)828,800円
LEADER SHIP(リーダーシップ)

3位 競艇ジャブジャブ507,790円
競艇ジャブジャブ

2021年12月の収支結果

収支合計:+2,419,090円

2021年収支結果

12月:2,419,090円
11月:2,395,170円
10月:5,412,910円
9月:3,176,220円
8月:3,824,220円
7月:3,496,120円
6月:5,922,620円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円

ボートレース

ボートレース

ボートレース

競艇道場

リンク

ボートレース

ボートレース
ページ上部へ戻る