生涯獲得賞金ランキング|

競艇Fineでは、実際に稼げた優良サイトを紹介しています。
競艇で稼ぎたい方は、ぜひチェックしてみてください!

⇓稼げたサイトはここ⇓

稼げる優良サイトをチェック ▷

 

競艇を始めてみて、「選手はどれくらい稼いでいるんだろう」、「歴代で誰が一番稼いでいるんだろう」などレースの予想とは別の事に興味が出てくる人もいると思います。

そこで今回は、歴代で誰がどれだけ稼いでいるのかをランキングにしてみました。

 

生涯獲得賞金ランキング紹介

これまでの競艇の歴史の中で誰がどれだけ稼いでいるのかを見ていきます。

ランキングは1位~10位までとなっています。

選手 獲得賞金
1位 松井 繁 36億9634万円
2位 今村 豊 28億9290万円
3位 山崎 智也 24億8094万円
4位 今垣 光太郎 23億5583万円
5位 植木 道彦 22億6184万円
6位 濱野谷 憲吾 21億5948万円
7位 瓜生 正義 20億8534万円
8位 太田 和美 20億5572万円
9位 田中 信一郎 20億1482万円
10位 服部 幸男 19億2027万円

ランキングを見ると、1位の松井繁選手と2位の今村豊選手の獲得賞金が飛びぬけて多いことが分かります。

8億以上も差があるため当分の間は順位が入れ替わったりはないでしょう。

しかし、3位以下の選手はそれほど差はないため、順位の入れ替わりもありそうですね。

この表に名前が載っている選手は、いずれも競艇の歴史に名前を刻むような名選手であることは間違いありませんし、実力も確かです。

1位 松井繁選手

|

1位は大阪支部の松井繁選手です。

競艇をやってる人なら知らない人はいないぐらいの選手で、その強さのあまり「絶対王者」という異名を持っています。

未だ現役ながら、これまでの獲得賞金は36億円と他を寄せ付けない強さを持っています。また、30億を突破してる唯一の選手です。

競艇の最高峰のレースである「SG競走」にて12回も優勝をしていて、そのすごさは分かってもらえると思います。

2位 今村豊選手

|

今村選手も競艇をやってるものなら知らない者はいない、レジェンド選手です。

もうすぐ還暦を迎える選手ではありますが、未だにA1選手として在籍しており、SG戦にも出場するトップレーサーです。

今村選手は、「全速ターン」の発案者で、競艇界を大きく変えた立役者といってもよい選手です。

3位 山崎智也選手

山崎智也|

競艇界には近年イケメン選手が増えており、女性ファンが増える要因になっていますが、山崎智也選手はイケメンボートレーサーの先駆けと言われています。

2015年には賞金王に輝き、「艇界の貴公子」と言われ大きなレースでも結果を残しています。

賞金王になった2015年の活躍はすさまじく、1年間でSG競争に3回優勝しており、向かうところ敵なしでした。

4位 今垣光太郎選手

今垣光太郎|

今垣光太郎選手は50歳を超え、ベテラン選手となってますが、現在も福井支部の絶対的エースとして君臨しています。

ルックスの良さから女性ファンも多く、SG競争で9回も優勝してるかっこよさと実力を兼ね備えた選手です。

今垣選手のお父さんも競艇選手で、お子さんも養成学校に通ってることから競艇家族として知られています。

5位 植木道彦選手

 

現在は引退していますが、競艇を世に広めるために様々なイベントに出演し、尽力しています。

選手時代の成績はすさまじく、SG競争10勝2002年度年間獲得賞金新記録樹立とあまりの強さに「艇王」の異名がついたほど。

6位 浜野谷憲吾選手

濱野谷憲吾|

浜野谷憲吾選手は東京支部のA1選手になります。

競艇選手としては20年以上のベテランで、SG競争には4回優勝しています。

ランキングの選手には多くないですが、1996年から今までSG競争に出なかったことはない驚異的な選手です。

また、競艇漫画の「モンキーターン」の主人公のモデルになったとされる選手です。

7位 瓜生正義選手

瓜生正義|

瓜生正義選手は福岡支部のトップレーサーです。

名前の「正義」からとって、「正義のヒーロー」という愛称を付けられています。

生涯獲得賞金ランキングに名を連ねる瓜生選手ですが、デビュー後12年間SG戦の優勝とは無縁の選手でした。

しかし、1度優勝し始めると5年連続で優勝する快挙も達成しています。

8位 太田和美選手

太田和美|

太田和美選手は大阪支部のA1選手です。

デビュー戦ではいきなり優勝を果たし、「怪物くん」という異名がつけられました。

SG戦では7回優勝しており、デビューしてから20年以上たった今でも現役の一線級で活躍しています。

9位 田中信一郎選手

田中信一郎|

田中信一郎選手は大阪支部に所属しているA1選手です。

田中選手は「賞金王決定戦」に3度優勝しており、この記録は歴代最多となっています。

最大の特徴は全速ターンで、インコースの出走時は高確率で1着を堅守しています。

10位 服部幸男選手

服部幸男|

服部幸男選手は静岡支部のA1選手です。

21歳という若さでSG競走に優勝し、当時大きな話題になりました。

1992年に出たこの記録は今も破られておらず、この記録がすごいことが分かります。

現在では、決まり手の一つになっている「まくり差し」は服部選手が編み出したもので競艇界に新たな歴史を作った選手でもあります。

まとめ

今回の生涯獲得賞金ランキングは10位以内に入ってる人はいずれも10億をこえており、どの選手も競艇界に歴史を残すレジェンドたちばかりです。

今後、どのような選手がこのランキングに入ってくるのか、気になるところです。

 

初心者でも競艇でお金を稼ぐ方法

的中結果|

初心者で何の知識もない人が予想をしてもまず稼げません・・・

ではどうすれば競艇で稼げるのか?

予想のプロに予想をしてもらうのが1番早いです。
競艇予想サイトを使うことで競艇のルールすら分からない状態でも稼ぐことが出来ます。

実際に私が競艇を始めたての頃は全く分からずとも、競艇予想サイト任せで稼いでいたので誰でも稼げる仕組みになってますね。

そんな私が稼いだ競艇予想サイトはこちらにまとめてあるので活用してください。

稼げる優良サイトをチェック ▷

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 11月 20日

今月のおすすめ競艇予想サイト

的中率の高い新サイト!
LINEからの簡単登録でお得な特典も!
LEADER SHIP(リーダーシップ)

管理人の成績

管理人が今まで参加したプランの結果を集計してここで発表しています。
ランキング上位の競艇予想サイトは管理人も愛用しており、毎月かなりの利益を望めるのでオススメ!!

9月の収支ランキング

1位 競艇神風1,081,080円
競艇神風

2位 LEADER SHIP(リーダーシップ)884,160円
LEADER SHIP(リーダーシップ)

3位 競艇道場421,270円
競艇道場

2021年9月の収支結果

収支合計:+2,787,870円

2021年収支結果

9月:2,787,870円
8月:3,824,220円
7月:3,496,120円
6月:5,922,620円
5月:5,667,590円
4月:6,063,550円

ボートレース

ボートレース

ボートレース

競艇道場

リンク

ボートレース

ボートレース
ページ上部へ戻る